いすゞエルフ:ISUZUこぼれ話 いすゞエルフ:ISUZUこぼれ話

スペシャルコンテンツ

お仕事の合間にほっと一息。
ぞくぞくと楽しいコンテンツを
皆さまへお届けいたします!

いすゞプラザ潜入レポート

ISUZU PLAZA みなさん、いすゞプラザをご存じだろうか!?
いすゞプラザは今年2017年4月に藤沢工場に隣接して開設された展示・体験施設で、いすゞの最新モデル、歴代の名車、日本最大級のジオラマ、リアルな生産ライン模型等々…バラエティ豊かでなかなか面白そう。でも実際に見てみないと「本当の価値」はわからないので、さっそく確かめに潜入してみた。最寄駅の湘南台から無料送迎バスが出てるからラクラク。ちょっと嬉しいツアー気分でバスに乗っていざ潜入開始!

10分程度でいすゞプラザに到着。白を基調としたとてもモダンな建物で、フジサワ近代美術館と言われても疑わないレベル。相当凝ってるな!というのが第一印象。
ISUZU PLAZA バス停や受付で目に付くのが施設のロゴマーク「ISUZU PLAZA」。ビルとトラックやバスをモチーフに、いすゞという企業と社会のつながりを表現したようで、このロゴマークを基調に、施設の隅々まで一貫性を持たせたデザインにしているらしい。「いすゞと社会のつながり」をしっかり子供たちにも伝えていかないと・・・このコンセプトってとても大切なんだな・・・うなずく私。
例えばロビーのチェア。ロゴマークのように形も高さもいろいろで色調もコーディネート。
全てオーダーメイドとのこと!子供たちが「おもしろーい」「きれいな椅子―」などなど、楽しそうに話したり、寝転がったり、まさに遊んで学べる憩いの場に思えた。
ISUZU PLAZA
では、主な見どころを紹介しよう。
まず、目の前にドーンと現れる日本最大級のジオラマ。幅約13mと相当大きい。でも大きいだけでなく、とにかく精密だ。架空の街「いすゞ市」の24時間を15分のショーで見せてくれる。クルマが動くジオラマは日本でここだけだそうで、様々なトラックやバスが小気味よく走りまわり、いすゞの産業用エンジンやマリンエンジンを積んだ建機や船も活躍している。
ISUZU PLAZA
これは楽しい。特に機械ものが好きな私にはたまらない光景だ。いや私だけではない。子供の頃、クルマに憧れプラモデルやミニカーに夢中になっていたオヤジ世代はきっと見ているだけで心躍るはず。でも一番楽しんだのはこのジオラマを作った人たちに違いない・・・。「ドヤ顔」許します。脱帽。
巨大ジオラマを通じて、いすゞのスローガン「運ぶを支える」とは、こういうことかと自然に理解できた気がする。
ISUZU PLAZA
巨大ジオラマのショーはCGとかではなく、「実物」なのが何ともすごい!一度目にすればその価値がじんわりわかってくるはず。
と言うのは・・・例えば、鉄道のジオラマなら線路があるので走らせるのは簡単。でも、ここいすゞプラザはクルマが走るのだ!どんな構造なのか?その仕組みは?そんな興味が沸いてくるのはきっと私だけではないはず。とにかく「百聞は一見に・・・」ではないが、お近くに来た際は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

いすゞプラザ
取材・ライター:吉尾輝昭
よしお てるあき
昭和31年生まれ。
自動車関係のPRに幅広く従事し、
特に商用車ビジネスに精通している特異なライター。
商用車とユーザーにエールを送り続ける仕事人。