いすゞエルフ:なるほど!知っておきたい時事ネタ! いすゞエルフ:なるほど!知っておきたい時事ネタ!

スペシャルコンテンツ

お仕事の合間にほっと一息。
ぞくぞくと楽しいコンテンツを
皆さまへお届けいたします!

あの若きスーパースターも戌年!「干支」に隠された知られざる豆知識

いよいよ2017年も残すところあとわずか。来年は「戌年」だが、そもそも「干支」は一体どんな意味があるのかご存知だろうか?
あの若きスーパースターも戌年!「干支」に隠された知られざる豆知識 イメージ
※写真はイメージです
まず「干支」と言われると「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」を思い浮かべる人が多いと思うが、これは「十二支」と呼ばれるもので、それを略したものが、干支の「支」。では干支の「干」は一体どこからきたのかというと、これは「十干(じっかん)」の略となっている。「十干」は古代中国で考えられた数の数え方で、「甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)」を用いるもの。「甲」や「乙」は、契約書などで現在の日本でも活用されているので、ご存知の人も多いだろう。つまり本来の「干支」とは、十干と十二支を合わせた総称なのだ。
あの若きスーパースターも戌年!「干支」に隠された知られざる豆知識 イメージ
※写真はイメージです
では戌年などの「十二支」とは一体何の役割があるのか? こちらも「十干」同様、中国古来の数の数え方で用いられたもの。主に日のめぐりや方位などを表すときに使われることが多く、真夜中の時刻を表す「丑三つ時」などで現在でも使用されている。

ではなぜ「十二支」には動物が用いられるようになったのか? その理由は諸説あり「教育が行き届いていない時代に十二支を浸透させる為」や「時の為政者が一般市民にわかりやすく通達などを示すため」など、さまざまな言い伝えがある。そのほか日本でよく伝わっているのは「神様が動物たちに『元旦に挨拶に来た12番目までを、毎年交代でリーダーにして仕事をしてもらう』と集め、到着した順番に干支が決定した」という逸話。その際に仲の悪い犬と猿の仲を取り持つために、間に鶏が入って仲を取り持ったというエピソードもある。
あの若きスーパースターも戌年!「干支」に隠された知られざる豆知識 イメージ
※写真はイメージです
来年は十二支の11番目にあたる「戌年」だが、十二支は元日から1日ごとに干支が振り分けられており、11番目の日は「戌の日」といわれる。「戌の日」といえば安産祈願へ行く日としても知られているが、これは戌(犬)が多産であるのに、お産がきわめて軽いことから「安産の守り神」とされてきたためだ。

また戌年生まれの歴史上の偉人として有名なのは、平清盛(1118年)や加藤清正(1562年)、そして「生類憐みの令」で小動物の殺生を厳しく取り締まった、「犬公方」こと江戸幕府5代将軍の徳川綱吉(1646年)も戌年だった。そして近年ではメジャー移籍が決まったプロ野球選手の大谷翔平、そして平昌五輪で金メダルが期待されるフィギュアスケート選手の羽生結弦もともに、1994年の戌年である。

来年の戌年が良き1年になることを期待しつつ、皆さん良いお年を送ってほしい。

参考
年賀状博物館